一匹バタフライ 🦋 デュアルライフ準備中

単独行動しまくりの一匹バタフライ。旅と飛行機をこよなく愛し、自分の体験したことを自由気ままに書き綴っています。近々大好きな南国と日本でデュアルライフを始めます。

◆訪れてよかった世界遺産No.1◆姉妹旅◆カンボジア シェムリアップ アンコール遺跡群ツアー◆アンコール・トム 南大門~バイヨン◆

🦋 リアルタイムでは旅行中 予約投稿しています 🦋
 
 

姉妹で訪れた世界遺産のアンコール遺跡群ツアー

f:id:solo-butterfly:20181009220033j:plain

2013年に妹と訪れたカンボジアシェムリアップ世界遺産のアンコール遺跡群を訪れたくて、丸1日の観光ツアーに参加しました。
 
 
 

1日観光コースのスケジュール 

 

①アンコール・トム 南大門  ←今回はこちら
②バイヨン ←今回はこちら
↓ 
③バプーオン
④象のテラス
↓ 
⑤ライ王のテラス
⑥タプローム
ランチ 
ホテルへ戻る
※2時間ほど自由
⑧プレループ&サンセット観賞
 
ディナー
ホテルへ戻る
 
 
ツアーではありましたが他にお客さんがいなくて姉妹だけだったのでガイドさん(日本語が堪能な方でした)&ドライバーさんは専属状態でした。 

 

アンコール遺跡群とは・・・ 

9世紀初め~15世紀まで約600年間、クメール王朝(現在のカンボジア王国)の首都にアンコール朝の歴代の王様が代々即位するたびに石で寺院や遺跡を造ったそうです。
 
 
Angkor(アンコール)・・・"街"
その数大小合わせて700くらいあるとか。
 
中には破壊されていたり、保存状態が良くなかったりしているところもあります。
 
クメール美術や建築技術などが東南アジアに大きな影響を及ぼしている等の理由で、1992年に世界文化遺産と同時に世界危機遺産として登録されて、長年の修復を経て2004年に脱却して世界文化遺産に登録されています。
 
 
 

アンコール・トム 南大門→バイヨン

①アンコール・トム 南大門

左側は神々の像

 
右側は阿修羅像

13世紀初めに完成。
 
アンコール・・・街
トム・・・大きい
この2つを組み合わせて"大きい街"。
 
南大門へ向かう通路の両サイドに54体の巨人の石像がずらりと並んでいました。
 
 
 
城門

外堀に高さ8mほどの城壁があり
南大門、北大門、西大門、死者の門、勝利の門の5つの城門があります。
こちらは南大門です高さ20数メートルあります。
 
 

こちらの写真の方が高さが分かりやすいかも。。。
 
門の上部をじ~~~っくり見てみると、人や象さんの像が何体も彫られていて、東西南北の4面には観世音菩薩像が彫られています。
どの方角からも目を光らせてるわよってことでしょうか👀
 
 

②バイヨン

入口

f:id:solo-butterfly:20181009221044j:plain

12世紀末に完成したアンコール・トムの中央にある遺跡群のなかでも大きな寺院。
現地の発音だとバ・ヨン(美しい塔)とだそうです。
 
 

入り口付近が修復工事中でした。
※2013年夏の時点です
 
バイヨンの象徴のレリーフを見るためにこの中に入る前に向かって左にある壁へ移動しました。
 
レリーフ

耳たぶが長いのがクメール人カンボジア人)
 

耳たぶの小さいのが中国人だそうです。
当時の戦争や生活の様子が彫られていました。
 
 
菩薩様

クメール人たちの生きていた証をしっかり見て、触れて(可能なところは)、感じられたら良いなぁっという思いでいざバイヨンの中の世界へ・・・
 
 

巨岩の菩薩様は100数体あるそうです!!
 
 
 

京唄子さんにそっくり(!?)な菩薩さまを挟んで姉妹で子どものころよくやってたポーズで撮ってみました。
今は甥っ子たちがこのポーズをしています( *´艸`)
 
 
 

遺跡群にある階段はどれも直角に近くて、常に脚がプルプルしていて、生まれたての小鹿状態でした・・・(((( ;°Д°))))コワッ
 
たまにヒールの方も見かけたけれど、スニーカーやペタンコ靴をおすすめします。
 
 

出口にも菩薩様たちがずらり。。。
 
 

夜に見るのはチト怖いかも(^^;
 
 

ご覧いただきありがとうございます!&次回予告 

f:id:solo-butterfly:20181009232139j:plainカンボジア シェムリアップ アンコール遺跡群ツアー バプーオン~タプローム編 

しばらく続きます♪

 
 
 
 
スポンサーリンク